htmlフォームからアップロードされた一時ファイルをphpで処理する方法

この記事がお役に立てたならシェアしてくれると嬉しいです。

htmlフォームには画像をアップロードされたファイルは、一時ファイル(テンポラリファイルとも言います)で保存されています。

この一時ファイルはこのままでは消滅しますので通常ファイルとして移動する必要があります。

スポンサーリンク

一時ファイルの処理

■move_uploaded_file(一時ファイルの名前,新しいファイルの名前);

「一時ファイルの名前」は$_FILE[フィールドのname][“tmp_name”]です。
「新しいファイルの名前」にはサーバーに保存するファイル名を指定します。
サーバー上に同名のファイルがある場合は上書きになります。

例1:test12_1.php

<form action="test12_2.php" method="post" enctype="multipart/form-data">
画像ファイル<br>
<input type="file" name="pic">
<br>
<input type="submit" name="botan" value="send">
</form>


例2:test12_2.php

<?php
if(strlen($_FILES["pic"]["name"])>0)
{
     $filename=$_FILES["pic"]["name"];
     if(! move_uploaded_file($_FILES["pic"]["tmp_name"],$filename) )
     {
          print "アップロードに失敗しました<br>";
     }
     else
     {
          print "name=";
          print $filename;
          print "<BR>";
          print "<IMG src='$filename'>";
          print "<BR>";
     }
}
else
{
     print "ファイルをアプロードしてください";
}
?>


この例ではアップロードで指定したファイルと
同名のファイルをサーバー上に作成し
そのファイルの名前と内容をブラウザ上で表示します。

アップロードに失敗すると「アップロードに失敗しました」と表示されます。

次回は拡張子によるファイルの画像かどうかの判定を行います。

スポンサーリンク

この記事がお役に立てたならシェアしてくれると嬉しいです。


最新記事の更新情報をお届けします。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)