phpでファイルのコピーを作る方法

この記事がお役に立てたならシェアしてくれると嬉しいです。

ファイルが壊れたりした時には復元する為に、ファイルの複製を作り、それをバックアップとする事が必要な場合があります。

そこでファイルの複製を作る関数を紹介します。

スポンサーリンク

ファイルのコピーをする方法

■copy(元ファイル,コピー後のファイル名);

「元ファイル」に複製したいファイルを指定します。
実行すると「コピー後のファイル名」で指定したファイル名で複製が作られます。
返り値は成功ならTRUE、失敗ならFALSEを返します。

例1:

<?php
if(copy("test.png","img/png.png"))
{
     echo "コピー出来ました";
}
else
{
     echo "失敗しました";
}
?>


このサンプルでは「test.png」を「img/png.png」にコピーを作ります。
ただし、ファイルの「test.png」が無かったり、ディレクトリの「img」が無かったりすると失敗します。

そして、サーバーの容量を超えても失敗になります。


このcopy()関数は「コピー後のファイル名」に同じ名前のファイルがあった場合には上書きをしてしまいます。

バックアップファイルのバージョン違いを残しておきたい場合には気をつけておきたい所です。

次回はファイルを削除する方法を書きます。

スポンサーリンク

この記事がお役に立てたならシェアしてくれると嬉しいです。


最新記事の更新情報をお届けします。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)