phpでファイルを削除する方法

この記事がお役に立てたならシェアしてくれると嬉しいです。

htmlフォームからファイルをアップロードしていくとサーバーの容量を超えて、それ以上アップロード出来なくなる場合があります。

そうなる前に削除してしまう機能も必要です。
それがunlink()関数です。

スポンサーリンク

ファイルを削除する方法

■unlink(ファイル名);

「ファイル名」で削除したいファイルを指定します。
返り値は成功ならTRUE、失敗ならFALSEを返します。


例1:

<?php
if(file_exists("test.png"))
{
     if(unlink("test.png"))
     {
          echo "削除しました";
     }
     else
     {
          echo "失敗しました";
     }
}
else
{
     echo "ファイルがありません";
}
?>


これは「test.php」を削除する例です。

unlink()関数はファイルが存在しない場合にエラーメッセージを出します。
エラーメッセージを出さないようにする為
削除する前にfile_exists()関数で存在を確認してから削除しています。


これで画像アップロードをするフォームを作成する為の機能の説明が終わりました。
次回は、いよいよ画像をアップロードするフォームをまとめてみます。

スポンサーリンク

この記事がお役に立てたならシェアしてくれると嬉しいです。


最新記事の更新情報をお届けします。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)