OpenOffice Calcに記入した日付を分解し取り出す関数

この記事がお役に立てたならシェアしてくれると嬉しいです。

OpenOffice Calcには「年/月/日」のように日付を入れる事ができます。

そしてその日付を書いてあるセルから
「年」「月」「日」のみを抜き出し別のセルで表示する事もできます。
例えばセルに日付を入力する時に、表示は月と日のみにし
別セルに年を表示させる等に使えます。

それを実現するのが年・月・日を抜き出し参照できる関数です。

スポンサーリンク

OpenOfficeCalc 記入した日付を分解し取り出す関数の使い方


■年を参照するには

=YEAR(セル番号)

■月を参照するには

=MONTH(セル番号)

■日を参照するには

=DAY(セル番号)

例えばB1に日付を入力し表示は月と日のみにし
A1に年を表示させるとするなら

A1には

=YEAR(B1)&”年”

を入力します。
すると

OpenOffice Calcに記入した日付を分解し取り出す関数

となります。

他にも
=DAY(B1)+MONTH(B1)*31+YEAR(B1)*365

といった計算も可能です。

スポンサーリンク

この記事がお役に立てたならシェアしてくれると嬉しいです。


最新記事の更新情報をお届けします。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)