日本語URLとは (Punycode変換とは)

この記事がお役に立てたならシェアしてくれると嬉しいです。

日本語URLとはURLのドメイン部分が日本語で登録されたURLです。
勿論、日本語だけしか使えない訳ではなく、国際化ドメイン名といった多言語ドメイン規格の中の一つなので、他の「ω」のようなギリシャ文字や「д」のようなキリル文字等も使えます。

そして、これ等も組み合わせる事も出来るので、よくある顔文字等でのURLも可能です。
つまり「(・ω・).com」みたいなのも可能という事です。

ただし、半角の「(」等の記号や半角のカタカナが使えないので
全角「(」等の記号や全角のカタカナにする必要がありますが…

といった感じで、なかなか面白そうな日本語URLですが他にも制限があってトップレベルドメインが
「jp」「com」「net」「cc」「tv」「asia」「biz」「tel」「ac」「co」「la」「pw」
である場合でなければ使用できない等あります。

スポンサーリンク

日本語URLの登録の仕方

日本語URLを実際に登録する際には日本語ではなく「xn--」で始まるアルファベットと数字を組み合わせた「日本語では無い」文字列を使います。

この文字列はPunycode(ピュニコード)と言う物で
Unicodeで書かれた日本語をエンコーディングする事で得られます。

例えば「日本語url.jp」をPunycode変換して得られる文字列は
「xn--url-s08fl0dtz6h.jp」のようになります。


この「xn--url-s08fl0dtz6h.jp」で登録すると「日本語url.jp」の
ドメインで登録になります。


最近ではこの日本語URLが検索した結果でも良く見られるようになりました。
従来のアドレスより視認しやすく面白いです。

次回以降、この日本語URLをエンコードとデコードするフォームを作っていきます。

まずはピュニコード変換する為に必要なPEARというライブラリをレンタルサーバーにインストールする手順を説明します。

スポンサーリンク

この記事がお役に立てたならシェアしてくれると嬉しいです。


最新記事の更新情報をお届けします。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)