サーバーにアップする前に XAMPP

この記事がお役に立てたならシェアしてくれると嬉しいです。

サーバーにアップロードした物を暴走させない為にプログラミングした物はテストする必要があります。

XAMMPを使えばPCでWebプログラミングをテストできる環境を簡単に作れます。

他にも、そんな環境を作れる物も存在していますが、構成する要素が多く、個別でインストールしたりと面倒だったりします。

そんな中、XAMMPは無料で一括インストールできるので人気だそうです。


スポンサーリンク

■XAMMPをインストールするには(Windows版)

https://www.apachefriends.org/jp/index.html

XAMMPにはWindows向け・Linux向け・OSX向けと3種類あります。
使用しているPCのOSに合わせてリンクをクリックするとインストーラーのダウンロードが開始されます。

ここではWindows版をインストールするので
xampp1
をクリックします。

クリックすると新たにページが表示されインストーラーのダウンロードが開始の許可を求めるウインドウが表示されます。
xampp2

ダウンロードしたインストーラーを起動させ指示に従い進めるとインストール完了です。

xampp3

次回、実際にXAMMPを実行の仕方を紹介します。

スポンサーリンク

この記事がお役に立てたならシェアしてくれると嬉しいです。


最新記事の更新情報をお届けします。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)