XAMPPのMySQLのセキュリティを設定する

この記事がお役に立てたならシェアしてくれると嬉しいです。

xampp43
XAMPPのセキュリティのページで表示されるステータスが「要注意」と
「MySQLユーザルートにパスワードがありません
Windows Box上のローカルユーザであれば誰でもあなたのMySQLデータベースに管理者権限でアクセスできます。パスワードを設定してください。」
なっていて

phpMyAdminを開くと
xampp51
「お使いの設定ファイルに MySQL のデフォルト特権アカウントに相当する設定 (root ユーザでパスワード無し) が含まれています。お使いの MySQL サーバはこのデフォルト設定で動作しているため不正アクセス可能な状態になっています。このセキュリティホールは必ず閉ざしてください。」
という警告を表示されなくなるようにMySQLにパスワードを設定する方法を記しておきます。

スポンサーリンク

MySQLにパスワードを設定する方法

xampp43
=> http://localhost/security/xamppsecurity.php <= [localhostからのみアクセスできます。]を開きます。

xampp50
ここで新しいパスワードを入力します。

「PhpMyAdminを検出しました。:」項目のhttpとcookieのラジオボタンの違いは
httpがBasic認証で、cookieはクッキーを使用する方法になります。

その下のチェックボックスはONにすると入力した
パスワードを保存するように設定します。

場所は下に書かれているパスとファイル名になります。

これらの項目を入力して
「パスワードを変更しました。」ボタンを押します。

xampp55
これでパスワードが作成されます。
xampp56

ステータスが「安全」になり
「MySQLユーザルートはパスワードが無しの状態が解消されました」
「PhpMyAdminのログインパスワードが有効になりました。」
と表示されるようになります。

xampp57
phpMyAdminにログインするのにパスワードを要求されるようになります。

スポンサーリンク

この記事がお役に立てたならシェアしてくれると嬉しいです。


最新記事の更新情報をお届けします。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)