OpenOffice Calcで設定変更せずに日付から曜日を表示する関数

この記事がお役に立てたならシェアしてくれると嬉しいです。

OpenOffice Calcでは日付を入力したら曜日も自動で入力できます。
方法として、上部メニューの「書式」から「セル」を選択して色々設定を弄ります。

しかし、いちいちメニューに入って設定を弄るのは面倒に思う人もいるかもしれません。

スポンサーリンク

設定変更せずに日付から曜日を表示する方法

そんな場合には条件分岐の
「=IF(条件;合致した場合の処理;合致にしない場合の処理)」
を使う方法もあります。

「=WEEKDAY(セル番号)」を使う事に変わりはないのですが
曜日に対応する1~7の数字を条件分岐に使い
月とか土などと表示を切り換えます。

B1に日付を入力していた場合は
=IF(WEEKDAY(B1)=1;”日”;IF(WEEKDAY(B1)=2;”月”;IF(WEEKDAY(B1)=3;”火”;
IF(WEEKDAY(B1)=4;”水”;IF(WEEKDAY(B1)=5;”木”;IF(WEEKDAY(B1)=6;”金”;”土”))))))
となります。

この「=IF(条件;合致した場合の処理;合致にしない場合の処理)」
分岐させた結果にさらに分岐を使う事が出来る為
このような処理が可能なのですが少し命令文が長くなります。

スポンサーリンク

この記事がお役に立てたならシェアしてくれると嬉しいです。


最新記事の更新情報をお届けします。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)