OpenOffice Calcで計算式内にダブルクォーテーションを入力する方法

この記事がお役に立てたならシェアしてくれると嬉しいです。

ダブルクォーテーションとは「”」の事です。
通常OpenOffice Calcはセルに「”」を入力し表示する事ができますがIF文などで文字列を表示するには、このダブルクォーテーションを入力する必要があります。
その為普通に入力するとそこで文字列の終端とみなされエラーとなってしまいます。

スポンサーリンク

計算式内にダブルクォーテーションを入力する方法

そんなダブルクォーテーションを表示するには、とある入力方法を使います。
それは「””」のように2連続で打つ事です。

例えば

=IF(F1=1;”ああ””ああ”””;”””alpha””-@”)

の場合は
OpenOffice Calcで計算式内にダブルクォーテーションを入力する方法
または
OpenOffice Calcで計算式内にダブルクォーテーションを入力する方法

このように文字列の開始位置や終了位置と重なると3連続になる場合もあるかもしれません。
少し読みにくくなりますが、これでダブルコーテーションが表示されます。

スポンサーリンク

この記事がお役に立てたならシェアしてくれると嬉しいです。


最新記事の更新情報をお届けします。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)