VMware Playerの紹介

この記事がお役に立てたならシェアしてくれると嬉しいです。

VMware PlayerはXAMMPのようにWebプログラミングを実行する環境を作れます。
XAMMPと大きく違うのはPC内でサーバーをエミュレートできる所です。

VMware00.png
そのエミュレートするサーバーのOSも自分で選択しインストールできます。

そしてVMware Playerは個人利用でなら無償です。


スポンサーリンク

VMware Player

ダウンロードはこちら↓
https://my.vmware.com/jp/web/vmware/free#desktop_end_user_computing/vmware_player/7_0
VMware01

インストーラーにはWindows版とLinux版の2種類あります。
各自の環境に合わせてダウンロードしてください。

私の環境はWindowsなのでWindows版を紹介します。

VMware02
インストーラーの指示に従いインストールします。

VMware03
VMware Playerのアイコンがデスクトップに作成されます。
VMware04
これをダブルクリックするとVMware Playerが起動できます。
VMware05
ここでインストールする仮想サーバーのOSをインストール設定できます。

スポンサーリンク

この記事がお役に立てたならシェアしてくれると嬉しいです。


最新記事の更新情報をお届けします。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)