VMwarePlayerでphpファイルをテストする方法

この記事がお役に立てたならシェアしてくれると嬉しいです。

VMwarePlayerでPHPをテストする為にphp自体とapacheが必要です。
両方必要なので両方同時にインストールします。

スポンサーリンク

phpとapacheをインストールする方法

まず、VMwarePlayerを起動してrootでログインします。

そして、インターネットを接続します。
vmware01
インターネットを接続するには右上のコンピュータの
アイコンを左クリックしてWiredをONにします。

vmware02
次に上部メニューの「Applications」を展開した中の
「Utilities」を「Terminal」を開きます。

「Terminal」はメニューの下の方にあるのでメニューを下へスクロールしないと
現れないので注意してください。
vmware03
この「Terminal」のコマンドプロンプトでインストールします。
apacheとPHPをインストールするには

yum install httpd php


と入力しEnterを押します。
これでインストールが開始されます。

途中で「y/N」と聞かれるので「y」を選びます。

Complete!


と表示されればインストール完了です。
後はapacheを起動すればブラウザで開く事ができるようになります。
起動するコマンドは以下の物です。

systemctl start httpd


これでブラウザを起動してURLを「localhost」にし開けば
「/var/www/html/」のパスの中のファイルを開く事ができます。

vmware04

ブラウザの場所は上部メニューの
「Applications」から「internet」の「Firefoxウェブ・ブラウザ」です。

vmware05

これで「/var/www/html/」の中にファイルをいれれば
Xamppと同じ様にブラウザからテスト可能になります。
ただし、これだけでは再度VMwarePlayerを立ち上げた場合に
「Terminal」から「systemctl start httpd」を打たねばなりません。

それが面倒なら「Terminal」のコマンドプロンプトに

systemctl enable httpd


と入力すればOS起動時にapacheを一緒に起動させる事ができます。

スポンサーリンク

この記事がお役に立てたならシェアしてくれると嬉しいです。


最新記事の更新情報をお届けします。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)