Evernoteのエクスポートとインポートでノートのバックアップをとる方法

この記事がお役に立てたならシェアしてくれると嬉しいです。

Evernoteには保存できる限界量があります。
ですので効率的に使用するにはバックアップをとってEvernote上から退避させるのも良いかもしれません。

バックアップの方法は外部ファイルとしてエクスポートする方法があります。


スポンサーリンク

エクスポートする方法

具体的にEvernoteするには
まず、バックアップしたいノートを選択します。

これは単数でも複数でもかまいません。

evernote_backup01

選択した状態で上部メニューの「ファイル(F)」を展開させます。
その中の「エクスポート(E)…」を選択します。

evernote_backup02
エクスポートするファイル形式の選択を要求するダイアログが出現します。
ここでは「ENEX形式」を選びます。
他の形式ではエバーノートに戻す事ができないためです。

ここで「エクスポート(E)」ボタンを押すと
ファイル名と保存場所を決めるウインドウが出てきます。

好みな場所を指定して保存してください。
これでバックアップは完了です。

インポートする方法

次に復元する方法です。
バックアップした「ENEX形式」のデータをインポートします。

evernote_backup03

上部メニューの「ファイル(F)」を展開させ、その中の「インポート(I)」の
「Evernote エクスポートファイル(E)…」を選択します。

「ファイルを開く」ウインドウが出現しますので
復元したいデータを持った「ENEX形式」を選択します。

evernote_backup04
復元完了するとこのダイアログが出ます。

この「はい」ボタンを押すと同期も戻します。
「いいえ」ボタンを押すと同期しません。

これで復元は完了です。

スポンサーリンク

この記事がお役に立てたならシェアしてくれると嬉しいです。


最新記事の更新情報をお届けします。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)