OpenOffice Calcでリストボックスを作成する方法

この記事がお役に立てたならシェアしてくれると嬉しいです。

リストボックスとは複数項目のリストを縦に並べ、それを選択させる事で、選択した項目の番号や値を他のセルへ送る事ができる機能です。

これには2種類の型があり

OpenOfficeでリストボックス06
 の通常型や

OpenOfficeでリストボックス08OpenOfficeでリストボックス09
 のドロップダウン型があります。


スポンサーリンク

リストボックスを作成する方法

作り方はプッシュボタンと同じ様な作り方で作成する事ができます。
OpenOfficeでリストボックス00
まず「フォームコントロール(F)」のデザインモードをオンにします。

「リストボックス」を選択します。

OpenOfficeでリストボックス02
 ドラック&ドロップで好きな位置と大きさに配置します。


OpenOfficeでリストボックス03
 配置すると、このデータベースを求めるダイアログがでますが、今回では不要なので「キャンセル」ボタンを押します。

OpenOfficeでリストボックス01
 これでリストボックスは作成されました。

次はコントロール設定をします。
OpenOfficeでリストボックス04
リストボックス上でマウスの右クリックをしメニューを呼び出し、これの「コントロール(T)」を選びます。

「属性 リストボックス」のダイアログが表示されますので、データのタブを押してください。
OpenOfficeでリストボックス05
ここでリストボックスの挙動が設定します。

■「リンクされたセル」

選択結果を出力するセルを指定します。

この例ではA2に値が入ります。

■「リンクされたセルの内容」

選択した項目そのものを値として出力する「選択した項目」と、選択した上からの順番を出力する「選択した項目の位置」があります。

■「ソースセル範囲」

ここの範囲のセルの値がリストボックスの選択項目になります。

この例ではB2~B6のセルがリストボックスの項目になります。

これらを設定してこのダイアログの右上の×ボタンを押せば完成です。

デザインモードをオフにすればリストボタンとして動作します。

OpenOfficeでリストボックス07
 ちなみにリストボックスのドロップダウン型への変更の仕方は「属性 リストボックス」のダイアログの「全般」タブの「ドロップダウン」項目を「いいえ」から「はい」に変更すれば変形します。

スポンサーリンク

この記事がお役に立てたならシェアしてくれると嬉しいです。


最新記事の更新情報をお届けします。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)