OpenOffice Calcでスクロールバー・スピンボタンを作成する方法

この記事がお役に立てたならシェアしてくれると嬉しいです。

OpenOfficeではセルの値をスクロールバーやスピンボタンで変更させる事が出来ます。

スクロールバーやスピンボタンには
OpenOfficeでスクロールバー01 横型と

OpenOfficeでスクロールバー02 縦型があります。

この縦横は設置した時の面積によって自動的に設定されます。
これもサイズ同様、設置後でも変更は可能です。


スポンサーリンク

スクロールバーを作成する方法

まず、作成方法は「デザインモード」をONにします。
OpenOfficeでスクロールバー00
OpenOfficeでスクロールバー06
そして、この「スクロールバー」か「スピンボタン」を選択します。

ドラック&ドラックし位置とサイズを指定します。
この時、縦に長く指定すると縦タイプに、横に長く指定すると横タイプになります。

次は接続セルや範囲を指定します。

OpenOfficeでスクロールバー05作成した「スクロールバー」や「スピンボタン」の上にマウスカーソルを
移動し右クリックでメニューを出させます。

これの「コントロール(T)」を選択します。

すると、それぞれ「属性 スクロールバー」「属性 スピンボタン」のダイアログが出現します。
OpenOfficeでスクロールバー04
このダイアログの「全般」タブでは最小値と最大値が設定できます。

■最小値

ここで横型であれば最も左側、縦型であれば最も上側の値を整数で設定できます。
マイナス値も可能です。

ここの値は最大値より上の値でも可能です。
その場合は最大値にスクロールするほど値が減るようになります。

■最大値

ここで横型であれば最も右側、縦型であれば最も下側の値を整数で設定できます。
最小値と同様にマイナス値も可能です。

OpenOfficeでスクロールバー03
「データ」のタブに出力先のセルを指定するパラメータがあります。

■リンクされたセル

ここに操作結果が入力されるセルを指定します。

これ等を設定したら、このダイアログの右上の×ボタンを押し
デザインモードをOFFにすれば完成です。

これで「スクロールバー」や「スピンボタン」を操作すると
設定したセルの値が変化します。

また、セルの方の値を変化させても「スクロールバー」や
「スピンボタン」の状態が操作されます。

スポンサーリンク

この記事がお役に立てたならシェアしてくれると嬉しいです。


最新記事の更新情報をお届けします。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)