Internet Explorer 11 でTwitteのボタンを押してもツイートウインドウが出てこないのを直す方法

この記事がお役に立てたならシェアしてくれると嬉しいです。

Internet Explorer 11(以下 IE)でツイッターのツイートボタンを押しても何の変化も起こらずツイート出来ない状態になった事は無いでしょうか?


スポンサーリンク

ツイートウインドウが出てこないのを直す方法

ツイッタ01
通常ならば、このウインドウが表示されるはずですが、何の反応変化も無い状態の修正の仕方を説明します。

Internet Explorer 11 でTwitteのボタンが表示されないのを直す方法

この現象は、以前↑のようにツイッターのメニューにアイコンが表示されない状態を直す方法を書きましたが、これと同じようにIEのセキュリィティー設定によるものです。

ただし、Twitteのボタンが「フォントのダウンロード」が無効になっていると表示されないのと違い、TwitterWindowが出現しないのは「アクティブスクリプト」が「無効」になっていると表示されないのです。

「アクティブスクリプト」を「有効」にするとツイートボタンを押すとツイートウインドウが表示されるようになり、ツイートできるようになります。

「アクティブスクリプト」の設定変更の仕方は、IEの左上の歯車ボタンをクリックして「インターネットオプション」ウインドウを表示します。

ツイッタ02
このウインドウの「セキュリティ」タブを選択します。

ツイッタ03
一律で簡単に設定する方法は「既定のレベル」で中高以下のセキュリィティにします。

何か他に設定をしていたりすると、その他の設定も変更されるます。
それを避けたい場合は「レベルのカスタマイズ」ボタンを選択して「セキュリティ設定」ウインドウを開きます。
ツイッタ04
そして、スクリプト項目の「アクティブスクリプト」で「有効にする」をクリックしてチェックを入れます。

そして、下側にある「OK」ボタンを押せば「セキュリティ設定」ウインドウが閉じます。
「インターネットオプション」ウインドウに戻りますので、ここでも下側にある「OK」ボタンを押せば設定完了です。

これでF5キーを押すなどしてIEを更新すればツイートする事ができるようになります。

スポンサーリンク

この記事がお役に立てたならシェアしてくれると嬉しいです。


最新記事の更新情報をお届けします。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)