JavaScriptで別のページへジャンプする方法

この記事がお役に立てたならシェアしてくれると嬉しいです。

PHPとHTMLでの別のページにジャンプする方法を紹介しましたが
今回はジャバスクリプトでジャンプする方法も説明します。

スポンサーリンク

別ページへジャンプする方法

<SCRIPT language="JavaScript">
<!--
setTimeout("location.href='http://toolmania.info/'",5*1000);
//-->
</SCRIPT>

ジャバスクリプトのsetTimeout命令でhttp://toolmania.info/へジャンプします。
setTimeoutは1/1000秒単位で実行タイミングを設定できる為、5秒後を指定したい場合は5*1000と表記します。

この命令は「このサイトは移転しました。X秒後に移動します。」等、HTMLのメタタグの命令と同じような用途で使われる事が多い命令です。

使える場所もHTMLのメタタグの命令と同じでワードプレスの記事の中でも使えるので
エラーページ等からのトップページへ飛ばすのに使えます。

そして、ジャバスクリプトでのジャンプ命令もHTMLのメタタグのジャンプと同じく
ブラウザ側がジャバスクリプトを有効にしていないとジャンプできません。

PHPのジャンプ命令はブラウザ側がジャバスクリプトを無効にしていてもジャンプします。

スポンサーリンク

この記事がお役に立てたならシェアしてくれると嬉しいです。


最新記事の更新情報をお届けします。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)