GIMPで画像を痩せさせたり太らせたりする方法

この記事がお役に立てたならシェアしてくれると嬉しいです。

GIMPにはケージ変形という画像を補正する機能があります。
この機能はパスのように対象の部分を囲み拡大縮小をコントロールします。

ケージ変形を使えば対象を痩せさせたり太らせたり歪ませたりと出来ます。


スポンサーリンク

ケージ変形

まず、変形したい画像を表示します。
GIMPで画像を痩せさせたり太らせたりする01
今回は例として、この鳥を痩せてみます。

GIMPで画像を痩せさせたり太らせたりする00
このケージ変形のアイコンを押すかShiftキー+Gキーを押します。

GIMPで画像を痩せさせたり太らせたりする02
そして変形させたい部分をクリックして囲んでいきます。

GIMPで画像を痩せさせたり太らせたりする03
囲み終わったら最初にクリックした点をクリックして選択範囲を閉じます。

これで準備完了です。

GIMPで画像を痩せさせたり太らせたりする04
後は各点を移動させ痩せさせていきます。

GIMPで画像を痩せさせたり太らせたりする05
移動が終わったらEnterキーを押して確定させます。

これで操作完了です。

スポンサーリンク

この記事がお役に立てたならシェアしてくれると嬉しいです。


最新記事の更新情報をお届けします。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)