GIMPでトーンカーブで色調補正する方法

この記事がお役に立てたならシェアしてくれると嬉しいです。

GIMPでは色調補正するための機能にトーンカーブというものがあります。
トーンカーブは上部メニューの「色」を展開し「トーンカーブ」をクリックすると開けます。
Gimpでトーンカーブ01


スポンサーリンク

トーンカーブで色調補正する方法

このダイアログのラインを変更する事で画面の色相が変更されます。
Gimpでトーンカーブ02

カーブの種類項目は「なめらか」と「自由曲線」の2種類ありますが、これは入力の仕方の違いです。

「なめらか」では線の上をクリックすると新たに点が作成されドラッグ&ドロップすると曲線が移動します。
すでに作成した点の上をドラッグすると移動になります。

「自由曲線」では表の上をドラッグするとその位置に線が引かれます。

この線の流れの通りに色調が変化します。
また、出現している場合に画面をクリックすると、その座標の色がグラフにも表示されるようになります。

Gimpでトーンカーブ03

色調の補正が終わったら「OK」ボタンを押せば完了です。

他にもチャンネルという項目で「明度」以外にも「赤」「緑」「青」と色への操作もする事もできます。

スポンサーリンク

この記事がお役に立てたならシェアしてくれると嬉しいです。


最新記事の更新情報をお届けします。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)