WordPressへ自動ログインしてくれるボタンをOpenOffice Calcに設置する方法まとめ

この記事がお役に立てたならシェアしてくれると嬉しいです。

今まで説明した機能を総動員してOpenOfficeCalcでワンボタンでWordPressへログインするシステムを作成します。
前回記事→OpenOffice CalcのOpenOfficeBasicでセルの情報を取得する方法

ここでは、最後のまとめとしてソースも貼って置きます。

スポンサーリンク

1.表の作成

まず、以下のような表を作ります。

vba02


A1にサイトのタイトル名
A2にワードプレスのログイン画面のURL
A3にワードプレスのID
A4にワードプレスのパスワード
A6にログインボタン

これらを設置します。
ボタンの作成方法はこちらで説明しています。

2.マクロを登録

次にマクロを関数として登録します。
マクロは以下の物を使います。

option vbasupport 1

'ログインする関数
Sub SiteLogin(suu as Integer)

'--------------
'セルから情報を取得
Dim doc As Object
Dim sheet As Object
doc=ThisComponent
sheet=doc.Sheets(0)

Dim SendID As String
Dim SendPass As String
Dim SendURL As String

SendPass=sheet.getCellByPosition(3,suu).String
SendID=sheet.getCellByPosition(2,suu).String
SendURL=sheet.getCellByPosition(1,suu).String

'-------------------
'IEを起動
Dim objIE As Object
Dim obj As Object
Set objIE = CreateObject("InternetExplorer.Application")

objIE.Visible = True
objIE.navigate SendURL

'-------------------
'処理が終わるのを待つ

Do While objIE.Busy = True Or objIE.ReadyState < 4
DoEvents
Loop

'-------------------
'URLが変更しなければ
If objIE.LocationURL = SendURL Then
'IDとパスワードを入力します。
objIE.document.loginform.log.value  = SendID
objIE.document.loginform.pwd.value  = SendPass
objIE.document.loginform.Submit
End If
'-------------------

End Sub


'-------------------------------------------
'第1ボタンと関連付ける
Sub SiteLogin01()
	SiteLogin(1)
End Sub
'-------------------------------------------
'第2ボタンと関連付ける
Sub SiteLogin02()
	SiteLogin(2)
End Sub
'-------------------------------------------
'第3ボタンと関連付ける
Sub SiteLogin03()
	SiteLogin(3)
End Sub
'-------------------------------------------


マクロを登録する方法はこちらで説明しています。

3.ボタンとマクロを結びつける

最後にログインボタンにマクロを関連付けます。
ボタン自体には引数を持てないので1番目のボタンにSiteLogin01()を、2番目のボタンにSiteLogin02()を…といった感じで登録します。
SiteLogin01()やSiteLogin02()の中身にはSiteLogin()へ引数を持たせています。

ボタンへのマクロを登録する方法は、こちらを参照してください。

使い方

これで、このボタンを押すとIEが開き自動でIDとPassWordを入力しログインボタンを押され、ダッシュボード画面が表示されるようになります。
セルの内容を参照しているのでセルの中身を変更すれば、その変更状態に合わせて開かれるサイトを変更させる事もできます。

リンク

以下、今回このログインボタンを作成するのに使った機能の説明へのリンクを貼っておきます。

OpenOffice Calcでオリジナル関数を作る方法
マクロを登録する方法を記しています。

OpenOffice Calc のOpenOfficeBasicをVBA互換モードにする方法
VBA互換モードでなければIEのフォームの各タグにアクセス出来ない場合があります。
これを回避する為にVBA互換モードにする方法を記しています。

OpenOffice CalcのOpenOfficeBasicでIEを起動させる方法
マクロでIEを起動させる方法を記しています。

OpenOffice CalcのOpenOfficeBasicでIEのフォームに文字を入力する方法
マクロでIEのフォームに文字を入力する方法を記しています。

OpenOffice CalcのOpenOfficeBasicでIEのフォームのボタンを押す方法
マクロでIEのフォームのボタンを押す方法を記しています。

OpenOffice CalcのOpenOfficeBasicでIEを開いた後にURLが移動したかを確認する方法
既にログイン情報を入力している状態でログインページにアクセスするとダッシュボードへ移動します。
この時に、IDやパスワードを入力しようとするとエラーが発生します。
これを回避する為に移動したかを調べる方法を記しています。

OpenOffice CalcのOpenOfficeBasicでセルの情報を取得する方法
マクロでセルから情報を取得する方法を記しています。

スポンサーリンク

この記事がお役に立てたならシェアしてくれると嬉しいです。


最新記事の更新情報をお届けします。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)