マウスレコーダーを常に前面に表示させるようにする方法

この記事がお役に立てたならシェアしてくれると嬉しいです。

マウスレコーダーは「記録ボタン」を押してから「停止ボタン」を押すまでの動作を記録します。
記録した動作もリアルタイムでリストボックスに次々追加されていき、確認しながら入力できます。

しかし、デフォルト設定ではマウスレコーダーウインドウと重なる他のウインドウを選択すると裏側へ移動してしまい、確認がし辛くなります。
停止させる際も、一度マウスレコーダーをアクティブにする必要が出てしまい手間が増えてしまいます。

そこで常に前面に表示させるように設定します。
特に、この設定はシングルディスプレイ環境なら便利になると思います。

スポンサーリンク

マウスレコーダーの最前面表示

まず、マウスレコーダーを起動します。
マウスレコーダー10

次に、上部メニューの「ツール」から「設定」を開きます。
マウスレコーダー11

すると設定のダイアログが表示されます。
マウスレコーダー12

このダイアログの「表示」タグを選択すると表示における設定ができるようになります。
ここで「最前面表示」のチェックボックスにチェックを入れれば設定完了です。

これでダイアログの右下にある「閉じる」ボタンを押せば、常にマウスレコーダーが前面に表示されるようになります。

スポンサーリンク

この記事がお役に立てたならシェアしてくれると嬉しいです。


最新記事の更新情報をお届けします。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)