マウスレコーダーでEXEファイルを作成する方法

この記事がお役に立てたならシェアしてくれると嬉しいです。

マウスレコーダーには登録した操作データを実行ファイルであるEXEファイルにする事ができます。
この機能を使えば、いちいちマウスレコーダーを実行しdatファイルを読み込んで、再生ボタンを押すという手順が省けます。

スポンサーリンク

EXEファイルの作成方法

マウスレコーダー60
まず、EXEファイルにしたい操作情報をマウスレコーダーに読み込みます。

マウスレコーダー61
リストボックス上に読み込んだら、マウスレコーダーの上部メニューの「ファイル」から「Exeファイルの作成」をクリックします。
すると、ファイルを保存する場所を指定するダイアログを表示されます。

ファイル名を決めて「保存」ボタンを押すと、そこへEXEファイルが作成されます。
成功すると「Exeファイルの作成が完了しました。」という確認のダイアログが表示されるので、このダイアログの「OK」ボタンを押します。

これでExeファイルの作成完了です。
実行するとマウスレコーダーを介さないで作成した操作情報が再生されます。

スポンサーリンク

この記事がお役に立てたならシェアしてくれると嬉しいです。


最新記事の更新情報をお届けします。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)