Logicool G105の「機能」でマクロを登録する方法

この記事がお役に立てたならシェアしてくれると嬉しいです。

LogicoolのゲーミングキーボードであるG105は「機能」というメモ帳等のWindowsのアプリケーションをGキーに登録し、1回押す事で登録したアプリケーションを起動させるマクロを割り当てる事が出来る機能があります。

また、Windowsのアプリケーションだけでなく、G105固有の機能もここで割り当てる事ができます。

マクロは「Logicoolゲームソフトウェア」という専用アプリケーションで設定します。

起動させたら割り当てるGキーを選択します。

スポンサーリンク

機能で登録する

G105-kinou01

設定するには並べられたWindowsアプリケーションの名前付きのラジオボタンを左クリックする事で選択できます。

選択できる機能は以下になります。
メール Windows Live Mailを起動します
ウェブブラウザ IEを起動します
メディアプレイヤー Windows Media Playerを起動します
電卓 電卓を起動します
マイコンピュータ マイコンピュータを選択状態でエクスプローラーを開きます
入力分析を開始/一時停止 G105の入力分析機能の開始と一時停止を押す度に切り替えます
入力分析を停止 G105の入力分析機能を停止します。
M1 G105のマクロセットM1へ変更します
M1キーを押したのと同じ効果です。
M2 G105のマクロセットM2へ変更します
M1キーを押したのと同じ効果です。
M2 G105のマクロセットM3へ変更します
M1キーを押したのと同じ効果です。

ちなみに、それぞれ目的のWindowsのアプリケーションがインストールされていない場合は、Gキーを押しても何も起動しません。

G105-kinou02
ラジオボタンを押し「OK」ボタンを押せば、このマクロが登録されコマンドエディタのウインドウが閉じられます。
「キャンセル」ボタンを押した場合はマクロが登録されずコマンドエディタのウインドウが閉じられます。

G105-kinou03
「GamePanelディスプレイにコマンド名を表示する」のチェックボックスをONにしていれば画面左の「コマンド」の一覧に作成したショートカットのマクロの名前が追加されます。

LOGICOOL ゲーミングキーボード G105 LOGICOOL ゲーミングキーボード G105
ロジクール


以上、「機能でマクロを設定する方法」の説明でした。
Logicool G105 のこれ以外のマクロ等の設定方法はこちらを参照してください。

スポンサーリンク

この記事がお役に立てたならシェアしてくれると嬉しいです。


最新記事の更新情報をお届けします。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)