Logicool G105の「入力分析機能」の解説

この記事がお役に立てたならシェアしてくれると嬉しいです。

Logicool G105には入力分析機能という物が存在しています。

この機能はキーボードの入力した傾向を診断する機能で、入力したキーの分布を表示させる事ができます。

キーの重心や最も入力したキーなども表示させる事もできる機能です。

スポンサーリンク

起動方法

まず、「Logicoolゲームソフトウェア」を起動させます。

G105_入力分析機能05
起動させて、このアイコンを左クリックします。


G105_入力分析機能01
これで入力分析開始準備画面になります。


G105_入力分析機能01B
この画面の開始ボタンを左クリックする事で開始されます。

G105_入力分析機能02
停止するにもこのボタンを左クリックです。


G105_入力分析機能07
暫く入力して、停止するとキーを押した傾向をカラーグラデーションで表示します。
画面のここでカラーパターンを変更する事も出来ます。

G105_入力分析機能06
画面右にあるコンボボックスには「キープレスのヒートマップ」と「キー時間のヒートマップ」の2種類を表示させる事ができます。


G105_入力分析機能03
「キー時間のヒートマップ」はキーを押している総時間です。

G105_入力分析機能04
「キープレスのヒートマップ」はキーを押した回数です。

G105_入力分析機能08
画面左にある時間を表示を左クリックすると過去の統計情報を閲覧する事もできます。


G105_入力分析機能09
ちなみに、この時間を右クリックすれば削除するか問うメニューが表示されます。


G105_入力分析機能10
このメニューを左クリックすると、本当に削除するかを確認するダイアログが表示されます。


G105_入力分析機能11
「はい」を押すと削除され、「いいえ」を押すと何もしません。

まとめ

入力分析機能は面白い機能ですが、文章などを書く場合には普通は日本語で入力する事が多いので母音のキーやエンターキーが主に押されるという大体結果が同じになってしまいます。

LOGICOOL ゲーミングキーボード G105 LOGICOOL ゲーミングキーボード G105
ロジクール


以上、「入力分析機能」の説明でした。
Logicool G105 が設定できる機能の説明はこちら

スポンサーリンク

この記事がお役に立てたならシェアしてくれると嬉しいです。


最新記事の更新情報をお届けします。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)