「BlueStacks App Player 2」でアプリを.apkファイルからインストール

この記事がお役に立てたならシェアしてくれると嬉しいです。

Androidのアプリは「.apk」という拡張子と無拡張子の2つのファイルで配信されていますが「BlueStacks App Player 2」はこのファイルを指定してアプリをインストールする事も可能です。

ただし署名していない.apkはインストール出来ないので注意しましょう。

スポンサーリンク

インストールしてみる

サンプルとしてメニューをクリックすると文字を表示する簡単なアプリの.apkを用意しましたので、これをインストールしてみたいと思います。


BlueStacks2-apk01
まず、「BlueStacks App Player 2」を起動し、左側メニューの赤で囲った部分を左クリックします。



BlueStacks2-apk02
ファイルを指定するウインドウが表示されるので、ここで用意した「.apk」ファイルを指定します。



BlueStacks2-apk03
インストール中は「APKをイントール中」と書かれたウインドウ表示されます。
イントールが終わればこのウインドウは自動で消えます。



BlueStacks2-apk04
インストールしたアプリは「すべてのアプリ」にの中に入っています。



BlueStacks2-apk05
タップすると、このように他のAndroidアプリと同様に実行出来ます。

他にも使い道が

他にも「BlueStacks App Player 2」は予め起動させておけば、Androidアプリ作成ツールから直接デバック用エミュレーターとしても利用できます。

スマートフォンを接続して置かなくてもテスト出来るので、それよりもアプリ開発が捗るかもしれません。

スポンサーリンク

この記事がお役に立てたならシェアしてくれると嬉しいです。


最新記事の更新情報をお届けします。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)