ワイヤレスなのに電池交換の必要がほぼ無いマウス ロジクールM705t

この記事がお役に立てたならシェアしてくれると嬉しいです。

mouse_10

Logicool製のマウス・M705tは電池が長持ちする省エネマウスです。
単三電池2つをセットするタイプで少し重めだったりしますが、本当に長持ちで一度セットしたら最大3年交換不要という驚異の長さです。

しかも電力の残量が少なくなったら報告してくれるマウスです。


このようにM705tは電池周りが特徴的なマウスですが、それだけでなく普通のマウスよりもボタンが4個多いという特徴があります。

ボタンは自分の好きな機能を割り当てる事が出来て、より便利に操作できるようになるマウスでもあります。

Logicool ロジクール ワイヤレスマラソンマウス M705t Logicool ロジクール ワイヤレスマラソンマウス M705t
ロジクール

スポンサーリンク

電池寿命最大3年の省電力無線マウス

一度の設定で最大3年という長期間の利用が可能です。

これは何日かで言うと1095日間、何時間かでいうと26280時間も保つという事です。
使わない時は電源を切っていれば、さらに長い期間利用できるのではないでしょうか?

しかし、これだけ保つとなると電池切れよりマウスの方が壊れるのが先ではないかと思えるほどの長さでもあります。

仮にマウスの方が先に壊れたら結果的に電池交換が不要だったとも言えるかもしれませんね。

長時間稼働=時間短縮

無線のマウスは動かし易いのですが、電池の消耗が気になる物でした。

電池が切れると交換するのにも時間がかかります。
替え用の電池が手元に無ければ買いに行かなければならなくなって、とても時間がかかってしまいます。

M705tなら長時間稼働するので、この時間ロスが減って時間短縮となります。

しかもM705tなら専用アプリケーションから常時確認が可能なので急な電池切れに備えられます。
mouse_13

さらに電池が切れそうになると警告してくれるので、電池が切れる前に買っておけるという時間短縮に非常に有効なマウスです。

高速スクロール機能が地味に好き

M705tは高速スクロール機能というホイールの回転をフリースピンにする事もできます。

通常ホイールの回転はメモリを刻む感覚で操作しますが、これは指を動かす回数も多くて指が疲れます。

しかしフリースピンホイールなら「ホイールを一度回して目的の部分までスクロールしたら停止させる」といった感じに操作回数が格段に減るので疲れにくくなります。

mouse_08
ホイールの通常回転モードと、フリースピン回転モードの操作を切り替えるスイッチがここにあります。


このスイッチ一つでフリースピンホイールモードに変更する事が出来るのが地味に快適です。

M705tのボタンは全部で7つ

M705tにはボタンが7個存在しています。



mouse_00
通常のマウスで付いている左右クリックのボタン。



mouse_11
ホイールとそれを押す事が出来るボタン。



mouse_08
ホイールの通常回転モードと、フリースピン回転モードの切り替えるボタン。



mouse_09
マウスを使う上で空いていた親指で操作するボタンが3個です。

ボタンの機能はカスタマイズできる

ホイールの回転モードを切り替えるボタン以外は、専用アプリケーションで機能を自分で選択し割り当てる事ができます。

mouse_12

このボタンにはキーボードの好きなキーやブラウザなどの「戻る」「進む」を割り当てる事が出来ますが、中にはアプリケーションスイッチャという「起動しているアプリケーションを並べて表示するモード」に切り替えるものも存在しています。

ただしボタンによって選択できる機能には違いがありますので注意。

※ボタンの設定について詳しくはこちら

まとめ

私にとってマウスというデバイスは有線型だったら「動かす際に引っかかり」があったり、無線型だったら「電池切れ」という不満が無い訳でもない物でした。
それでも動かし易さから無線型を選択していたのですが、やはり電池の問題は時間を浪費するものです。

コストに関しては充電し繰り返し利用できるエネループという電池を利用して抑える事は出来ましたが、やはり電池交換の手間や不意に切れるトラブルは避けられないものでした。

予備の電池があっても入れ替えが終わるまで作業が中断されるので、チャット等リアルタイムで連絡している場合に急に止まると大変困ります。

そこで、このM705tという省エネであり、残り電力が少なくなったら警告してくれる機能があるマウスです。
もっとも警告してくれる機能があると書きましたが、警告を確認できてなかったりします。
実はM705tに替えてから1日10時間で1年以上使用しているのですが、未だに電池交換をしていません。長持ちし過ぎです。

今回、記事を書くに当って電力が無くなった電池を使ってみましたが、短時間ですが画面下部分に文字が表示されました。
この文字は3日に1回表示されるようです。

※ボタン以外の設定について詳しくはこちら

Logicool ロジクール ワイヤレスマラソンマウス M705t Logicool ロジクール ワイヤレスマラソンマウス M705t
ロジクール

他にも多ボタンマウスを使いたい!という方も検討してみるのも良いかもしれません。
私はコピー&ペーストをマウスに設定しているのですが、メニューを開いたりキーボードのキーを複数同時押ししたりせずに済むので、これが結構な時間短縮になってます。

スポンサーリンク

この記事がお役に立てたならシェアしてくれると嬉しいです。


最新記事の更新情報をお届けします。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)