Basic認証の設置の仕方

この記事がお役に立てたならシェアしてくれると嬉しいです。

今回はBasic認証を実際に設置する手順を解説します。

「.htpasswd」の作成

まず、「.htpasswd」は前回の記事で紹介した「Basic認証用.htpasswd作成ツール」で作成しておきます。

.htaccessと.htpasswdのパス設定

次に、Basic認証をかけたいフォルダまでのフルパスを取得します。
.htaccessに.htpasswdまでのフルパスを表記する必要があるためです。
このフルパスはphpの命令で表示される事もできます。

<?php
echo __FILE__;
?>

この命令が書かれたphpファイルをアップロードし実行すると、アップロードしたファイルのフルパスが表示されます。
例えば
/****/****.php
といった形に、実行した自身のphpファイルまでのパスが表示されるので、これを.htpasswdに置き換えて.htaccessに保存します。

.htaccessと.htpasswdの設置

最後に、このパスに「.htpasswd」と「.htaccess」をアップロードします。

これでBasic認証の設定は完了です。
このパス以降へアクセスするにはユーザー名とパスワードが必要になります。

スポンサーリンク

Basic認証のサンプル

Basic認証のサンプルページを作ってみました。
サンプルはこちら

このサンプルではユーザー名を「username」、パスワードを「password」で設定しています。
認証が通ったらindex.phpを開くよう設定しています。

ちなみにwindows7のIEでBasic認証を行う場合に、パスワードを右クリックして出したメニューから「貼り付け」をすると失敗するバグが存在しています。
直接入力か、「Ctrl+v」で入力しましょう。

スポンサーリンク

この記事がお役に立てたならシェアしてくれると嬉しいです。


最新記事の更新情報をお届けします。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)