独自ドメインを取得するには

この記事がお役に立てたならシェアしてくれると嬉しいです。

レンタルサーバーを借り、Webサイトを運営するのであればドメインを利用する事となるかと思います。
この時、レンタルサーバー会社の提供するサブドメインを利用するのも手ではありますが、これはサーバーの所有するドメインのサブなので別のサーバーへ引越しするとURLを引き継ぐ事ができません。
また、サーバーのレンタルが廃止された場合もURLを引き継ぐ事ができません。

その為、独自ドメインを持つのがオススメです。
ちなみに当サイトのhttp://toolmania.info/も独自ドメインで運営しています。

スポンサーリンク

独自ドメインを取得するには

ドメイン管理会社のサイトから購入し取得します。
ドメイン管理会社には「バリュードメイン」「ムームードメイン」といった会社がありますが、例として「お名前.com」で取得する方法を紹介します。

damain01
まず、お名前.comのWebサイトを開きます。

domain02
ドメインを取得するには、欲しいドメイン名を「まずは、ドメイン名を検索してみよう!」の部分に入力して「検索」ボタンをクリックします。

domain03
デフォルトでは「.com」「.net」「.co」「.xyz」「.click」「.space」「.site」「.info」「.biz」「.mobi」「.org」「.me」「.jp」が検索されます。
画面右下にある「すべての種類を表示」をクリックすれば、これ以外のドメインの種類のリストが展開され、検索する事が出来るようになります。

domain05
最大でドメインを13種類まで同時に検索する事ができます。
それ以上の数を選択しても無視されるので注意です。

ちなみに検索結果のステータスは以下のようになります。

domain04
既に登録されているドメインでも解放された場合にメールで報告してくれるサービスもあります。
また、お名前.comではプレミアムドメインという通常よりドメインを高額で販売やドメインのオークション等もしてもいます。

domain07
欲しいドメインの検索結果部分をクリックする事で選択と非選択を切り替えます。
選択されていると「選択されたドメイン」にリストアップされます。
こちらの右側にある×マークをクリックしても非選択にする事ができます。

取得したいドメインだけを選択したら「→ お申し込みへ進む」とクリックします。
これで次の画面に移動します。

domain06
ドメインを1年から10年まで取得するかを選択する画面へ移動します。
ここでWhois情報を代理公開して貰うかどうかの指定をします。
最初に設定しておけば更新時にも無料になるのでWhois情報代理公開サービスを受けるなら是非チェックしておきましょう。

しかしドメインの種類によっては代理公開が不可能な事があるので注意が必要です。
他にもお名前.comのレンタルサーバーを同時にレンタルするかのラジオボタン等もありますが、必要なければデフォルトの「利用しない」を選択しておけばOKです。

お名前.comに登録していない場合は登録してから、登録している場合は支払いの画面になります。
支払いはクレジットカードの他にもコンビニ(セブンイレブン・ファミリーマート・ローソン・セイコーマート)での支払い、銀行振込での支払いが可能です。

それらを設定したら「規約に同意し、上記内容を申し込む」を押せば購入する事ができます。

以上、今回は「お名前.com」でドメインを取得する方法を紹介しました。
レンタルしたサーバーによってお得なサービスがあるドメイン管理会社も存在していますので、選んだレンタルサーバーに合わせてドメイン管理会社に変更するのも良いかと思います。

スポンサーリンク

この記事がお役に立てたならシェアしてくれると嬉しいです。


最新記事の更新情報をお届けします。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)