無料のデジタルノート「OneNote」をインストールする方法

この記事がお役に立てたならシェアしてくれると嬉しいです。

パソコンやスマートフォンから実行するデジタルノートにEvernoteというアプリがあります。
このデジタルノートとは、ちょっとしたメモをノートとして許可した複数のユーザーと共有する事ができるという物で大変便利なアプリです。

そのEvernoteのマイクロソフト版ともいえるようなデジタルノートのアプリがマイクロソフトからもリリースされています。

それが「OneNote」です。

スポンサーリンク

パソコン版をダウンロードするには

onenote01
https://www.onenote.com/から無料でダウンロードして利用する事ができます。
マイクロソフトからリリースされているだけあり、Windowsと相性が良いそうです。

onenote02
この「無料ダウンロード」のボタンをクリックすると「setuponenotefreeretail.x86.ja-jp_.exe」というファイル名のインストーラーがダウンロードされます。

インストールするには

インストーラーをダウンロードが完了したらダブルクリックしてインストールを開始します。
onenote03
起動させるとこのウインドウが表示されます。

onenote04
暫く待つとこのウインドウに切り替わり、進行状況も表示されます。
環境により時間がかかる時間が変わります。

onenote05
インストールが終わるとこのウインドウに切り替わります。
「閉じる」ボタンを押せばこのウインドウは閉じます。

onenote06
クラウドに接続します。
「サインイン」ボタンを押すとクラウドに接続を試みます。

onenote08ここでマイクロソフトに登録しているメールアドレスか電話番号を入力します。
もしメールアドレスが無い場合は適当な文字列を入力しエラーを出すと新規作成する事もできます。
onenote07
方法は「アカウントをお持ちでない場合、作成できます。」の「作成」の部分をクリックすると新規で作成する事ができます。

onenote09
このようにメールアドレスを新規で作成するウインドウに変化します。
作成すれば自動でサインインします。

onenote10
最後に「同意する」ボタンを押します。
これでOneNoteのインストールは完了です。

スポンサーリンク

この記事がお役に立てたならシェアしてくれると嬉しいです。


最新記事の更新情報をお届けします。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)