「Evernote」のデータを「OneNote」へ移行する方法

この記事がお役に立てたならシェアしてくれると嬉しいです。

今までEvernoteを使っていた人がOneNoteを利用を躊躇する理由の1つに、今まで作成して使っているノートがOneNoteに無いという事が挙げられるかと思います。
ところが、マイクロソフトはEvernoteに入っているノートをOneNoteへ移行するツールを公開しています。
これを使えばOneNoteでもEvernoteで使っていたノートを利用する事もできます。

スポンサーリンク

OneNote Importerのダウンロード

OneNoteへ移行するツールは「OneNote Importer」と言います。
ダウンロードはPCで「https://www.onenote.com/import-evernote-to-onenote」から行います。
onenoteimporter01

このサイトをブラウザで開き「インポート ツールのダウンロード」をクリックすれば「StartOneNoteImporter.exe」がダウンロードが開始されます。
ただし、残念ながら日本語版は現在なく、英語版です。

onenoteimporter02
このファイルを起動するとツールのインストーラーが起動します。

onenoteimporter03
まず「I accept the terms of this agreement」にチェックを入れ、「Get started」をクリックします。

するとOnenNoteへインポートするノートを選択する画面になります。

移行するモード

ノートブックモード

onenoteimporter04
最初にノートブック単位で指定するモードで開きます。
Evernoteのノートブックがチェック付き状態のチェックボックスがリストアップされます。
「Next」のボタンをクリックするとこのチェックが付いたノートブックをインポートさせます。

「Import a file instead」を押すとノートをファイルから指定するモードへ変更します。

ファイルモード

onenoteimporter05
「Import a file instead」を押すとこのモードになります。
Evernoteのエクスポートデータの形式である「.enex」ファイルを指定してインポートさせます。
「Choose File」ボタンを押すと「ファイルを開く」ウインドウが開かれるので、そこから「.enex」ファイルを指定します。
ファイルを選択し「Next」のボタンをクリックするとこのファイルをインポートさせます。

「Import notebooks instead」を押せばノートブックモードに戻ります。

サインイン

onenoteimporter06
OneDriveへサインインするアカウントの選択をします。
左側が個人用アカウント、右側が企業・学校のアカウントです。
どちらかをクリックします。

タグ設定

onenoteimporter07
「Use Evernote tags to organize content in Onenote」にチェックを入れるとエバーノートのタグ設定もワンノートにも移します。

「Import」ボタンを押せばエバーノートのノートデータがワンノートへコピーが開始されます。

移行完了

onenoteimporter08
暫く待つとこの画面が表示され、データ移行完了となります。
これでこのウインドウの左上の×ボタンを押して閉じて構いません。

ちなみに「View notes in OneNote」ボタンをクリックすると「OneNote Online」のサイトへ繋ぐブラウザが起動します。

移行されたデータの場所は

onenoteimporter09
このノートを開くには「開く」メニューの「OneDriveから開く」を指定して「更新」をかけます。
すると「Evernote」というノートブックが現れますので、それをダブルクリックすれば開く事ができます。

データ自体もEvernoteというノートブックでOneDriveへ保存されています。
削除したりする場合はそちらへ移動して削除しましょう。

スポンサーリンク

この記事がお役に立てたならシェアしてくれると嬉しいです。


最新記事の更新情報をお届けします。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)