Windows10 PDFで保存する方法

この記事がお役に立てたならシェアしてくれると嬉しいです。

pdf-155498

Windows7からWindows10にアップグレードして便利になった事の上位に「PDF」を手軽に作れる!という点ではないでしょうか?

このPDFとは、いわゆる電子化された文書のファイルの事です。
このファイルならOffice等のファイルの情報を、OS・アプリケーション・インストールされたフォント等の環境に依存しないで表示する事が出来ます。

Windows7ではツールの機能を利用してPDF作成していましたが、Windows10ではもっと簡単に作成する事ができるようになりました。

今回は、そのPDFの作成の仕方を記しておきます。

スポンサーリンク

Windows10でのPDFの作成方法

OpenOffice Calc

OpenOffice Calcの持っている「PDFとしてエクスポート(K)…」機能から作成する事も出来ますが、Windows10では別の方法でも作成する事も出来るようになりました。

それは「印刷」からです。

pdf
まず上部メニューの「ファイル(F)」を展開させた中の「印刷(P)…」を選択します。

pdf
「プリンターの選択」の中から「MicroSoft Print to PDF」を選択し「印刷(p)」を選択します。

するとファイルの保存先を指定するウインドウが表示されるので、そこで指定したらPDFファイルの作成完了です。

メモ帳

Windows10のデフォルトで入っているアプリケーションのメモ帳でも作成可能です。
こちらも上部メニューの「ファイル(F)」を展開させた中の「印刷(P)…」から作成できます。

Windows10ならPDFを簡単に作成する事が出来ます

Windows10なら他のアプリケーションでもPDFを簡単に作成する事が出来ます。

例えばWindows10にデフォルトで入っている画像編集アプリケーションの「ペイント」等、印刷が可能なアプリケーションでは印刷先としてPDFを作成する事が可能です。

このようにWindows10は特にツールを使わずにPDFを作成できるので大変便利になりました。

スポンサーリンク

この記事がお役に立てたならシェアしてくれると嬉しいです。


最新記事の更新情報をお届けします。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)