スマホ用ゲームコントローラー比較と特徴別まとめ

この記事がお役に立てたならシェアしてくれると嬉しいです。

video-games-925929

ゲームコントローラーと呼ばれる事が多い「ゲームパッド」。
実際、ゲームパッドより「ゲームコントローラー」って名前の方がゲーム専用機の付属品として耳に馴染んでいる方が多いのではないでしょうか?

こういったゲームコントローラーもゲーム専用機にだけ接続できる物で無く、PC用やスマホ用にも販売されています。

接続方法も有線だけでなく無線のゲームコントローラーも販売されるようになりました。

無線なのでスマホのVRでも扱い易いです。

スマホ用VRメガネでも有線で接続できる隙間がある物がありますから、物によっては有線で接続する事ができますが、やはり無線の方が首を動かし易いですから、VRゲームをやるなら無線がオススメです。

ベーシックなVR用コントローラーなら
ブルートゥース携帯リモコン 対応スマートフォン用ゲームコントローラー(ブラック) ブルートゥース携帯リモコン 対応スマートフォン用ゲームコントローラー(ブラック)
yinghuikeji

 サイズ:13.0✕3.3✕4.4㎝
 重量:45.5g
 連続再生時間:約40~120時間
 対応スマートフォン:iOS・Android・Windowsなど

ベーシックなスマホ用のコントローラー。
重量が45.5gと軽く片手でも両手でも操作が可能!
 
単4乾電池2本で動作するため、予備の乾電池を持っていれば何時でも利用できます。

他にも、このようなユニークな形のコントローラーのようなデバイス以外にも、ゲーム専用機のゲームコントローラーのような形のゲームパッドも販売されています。

ちなみに、これらの無線はBluetoothという通信規格で行うので、スマホなら特別な機械も不要でゲームコントローラーのみで接続させる事ができます。

レトロ仕様なら
FC30 GAME CONTROLLER(iPhone,Android搭載スマートフォン,タブレットPC用) スマートフォン用ゲームコントローラ 有線・無線両対応 FC30 GAME CONTROLLER(iPhone,Android搭載スマートフォン,タブレットPC用) スマートフォン用ゲームコントローラ 有線・無線両対応
Windows Vista

8Bitdo Tech

 サイズ:12.0✕5.0✕1.5㎝
 重量:140g
 対応スマートフォン:iOS・Android・Windowsなど

ファミコン風なBluetoothゲームコントローラー。内蔵バッテリーでも重量が140gとなかなか軽いです。
 
スマホを置く為のスタンドとUSBケーブルが付属しています。
接続はBluetooth以外にもUSBケーブルで繋げる事ができますのでUSB有線コントローラーとして使用することが出来ます。

Xbox仕様なら
ipega Bluetooth ゲームパッド ゲームコントローラー Android iPhone PG-9021 ipega Bluetooth ゲームパッド ゲームコントローラー Android iPhone PG-9021
ipega

 サイズ:10.0✕15.0✕5.8㎝
 重量:322g
 使用時間:約20時間
 対応スマートフォン:iOS・Android・Windowsなど

最大5.5インチのスマホを挟む事が出来る伸縮スタンド付きXbox仕様のゲームコントローラーです。
 
付属品としてUSBケーブルがしています。
このUSBケーブルでUSB有線コントローラーとして使用することが出来ます。
 
十字キーにクセがありますが、長時間持っても疲れにくい手に馴染む作りになっています。

PS仕様なら
「Origin」 無線ゲームパッド Bluetoothゲームコントローラー 伸縮自在スタンド付属 タブレット/スマホ/PC対応 GM465 「Origin」 無線ゲームパッド Bluetoothゲームコントローラー 伸縮自在スタンド付属 タブレット/スマホ/PC対応 GM465
Origin

 サイズ:18.7✕17.8✕7.0㎝
 重量:327g
 使用時間:最大約20時間
 対応スマートフォン:iOS・Android・Windowsなど

プレイステーションのゲームコントローラー仕様のゲームパッド。
内蔵電池で動くので重量が327gとちょっと重めです。
 
取り外し可能な最大5.5インチまでのスマホを固定するスタンドと充電コード付き。
このゲームパッドもUSBケーブルでUSB有線コントローラーとしても使用出来ます。

スポンサーリンク

スマホのVRアプリには

スマホのVRアプリには、一定時間特定の方向を見続けるという、視線で操作するアプリもあります。

ちょっとVRを試すには、それでも充分かも…なんて思う方も多いかもしれませんが、やはりゲームコントローラーにも対応したゲームの全てがフルVRなゲームで遊ぶと違います。
フルVRなら、より没入感が上がりエキサイティングなゲームがプレイできます。

しかしVRとゲームコントローラー両方に対応したアプリとなると、まだまだ少ない印象です。
今年はVR元年なんて言われていますから、きっと今後は対応したアプリも続々リリースされるかも…

また、VRだけではなく普通のゲームでもゲームコントローラーに対応しているアプリも多数有ります。
ゲームの操作に拘りたい!と言う方やもっと実際のゲーム環境に近づけて遊びたいという方なら、一つゲームコントローラーを持っていると便利かも知れません。

以上、ゲームコントローラーの紹介でした。

スポンサーリンク

この記事がお役に立てたならシェアしてくれると嬉しいです。


最新記事の更新情報をお届けします。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)