phpのdate関数の良く使う機能一覧まとめ

この記事がお役に立てたならシェアしてくれると嬉しいです。

dateの()に入れる引数を変更すると得られる情報が変わります。
そこの中から良く使う物の一覧を作っておきます。

スポンサーリンク

date関数のパラメータ一覧

・Y 四桁で年を数字で表示。
・y 二桁で年を数字で表示。1~9の場合は先頭に0を付ける。
・m 二桁で月を数字で表示。1~9の場合は先頭に0を付ける。
・n 先頭に0を付けずに月を数字で表示。
・d 二桁で日を数字で表示。1~9の場合は先頭に0を付ける。
・j 先頭に0を付けずに日を数字で表示。
・g 先頭に0を付けずに時を1~12の数字で表示。
・G 先頭に0を付けずに時を1~24の数字で表示。
・h 二桁で時を01~12の数字で表示。1~9の場合は先頭に0を付ける。
・H 二桁で時を01~24の数字で表示。1~9の場合は先頭に0を付ける。
・i 二桁で分を00~59の数字で表示。1~9の場合は先頭に0を付ける。
・s 二桁で秒を00~59の数字で表示。1~9の場合は先頭に0を付ける。
・a 午前なら「am」と表示します。午後なら「pm」と表示します。
・A 午前なら「AM」と表示します。午後なら「PM」と表示します。

実際に実行させるには

<?php
	echo date("H");
	echo "<br>";
	echo date("G:i:s");
	echo "<br>";
?>

のように書きます。
結果は
phpのdate関数の良く使う機能一覧まとめ
のようにHは二桁で時を01~12の数字で表示し
G:i:sは時:分:秒を表示します。

実際の動作は↓になります。
サンプル

と言った感じです。
次回は変数について説明します。

スポンサーリンク

この記事がお役に立てたならシェアしてくれると嬉しいです。


最新記事の更新情報をお届けします。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)