phpの連想配列の宣言の仕方と使い方

この記事がお役に立てたならシェアしてくれると嬉しいです。

phpでは配列のインデックスに文字列を使用する事が出来ます。
それが連想配列です。

連想配列ではインデックスの部分の文字列を「キー」と呼びます。

入力フォームから送られるデータは連想配列で送られてきますので
覚えておく必要があります。

スポンサーリンク

連想配列

例1:

$ti["Oct"]="10月";
$ti["Nov"]="11月";
$ti["tow"]=2;

phpの連想配列の宣言の仕方と使い方

arrayを使って宣言する方法もあります。

例2:

$ti=array("October"=>"10月","November"=>"11月","one"=>1);

phpの関数は文字を返す物も有りますが
この連想配列を使えば、それを直接インデックスとして使えます。

例3:

<?php

$ti["AM"]="午前";
$ti["PM"]="午後";

print date("A");
print "<br>";
print $ti[date("A")];

?>

通常、date(“A”)は実行した時の時間により「AM」か「PM」の文字列を返します。
例えばこのプログラムを午後に実行した場合、「PM」という値が返ってきます。

そして$ti[date(“A”)]という風に書くと、$ti[“PM”]と書く事と同じ意味となり
PMという箱の中身の「午後」を呼び出すことが出来ます。

phpの連想配列の宣言の仕方と使い方

動作サンプルは↓です。
サンプル

次回はこれらを応用した2次元配列をやります。

スポンサーリンク

この記事がお役に立てたならシェアしてくれると嬉しいです。


最新記事の更新情報をお届けします。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)