phpの2次元配列の宣言の仕方と使い方

この記事がお役に立てたならシェアしてくれると嬉しいです。

2次元配列とは要するに「配列の配列」なのですが、phpにはその2次元配列を作る機能もあり
それ以上の多次元配列を作る機能もあります。

2次元配列はhtmlフォームから送られるデータをまとめる場合にも便利な機能です。

スポンサーリンク

phpの2次元配列の宣言の仕方と使い方

例1:
phpの2次元配列の宣言の仕方と使い方

$ti["AM"][0]="ごぜん";
$ti["AM"][1]="午前";
$ti["PM"][0]="ごご";
$ti["PM"][1]="午後";


arrayを使って宣言する方法もあります。

$ti=array( "AM"=>array("ごぜん","午前"), "PM"=>array("ごご","午後") );


2つの配列を結合する形でarrayを使って宣言する方法もあります。

例2:

$t01[0]="ごぜん";
$t01[1]="午前";

$t02[0]="ごご";
$t02[1]="午後";

$ti=array("AM"=>$t01,"PM"=>$t02);


他にも通常配列と通常配列・連想配列と連想配列・通常配列と連想配列の組み合わせも可能です。

●通常配列と通常配列
phpの2次元配列の宣言の仕方と使い方

$list[0][0]=1;   $list[0][1]=2;
$list[1][0]=3;   $list[1][1]=4;


●連想配列と連想配列
phpの2次元配列の宣言の仕方と使い方

$list["a"]["a"]=1;   $list["a"]["b"]=2;
$list["b"]["a"]=3;   $list["b"]["c"]=4;


●通常配列と連想配列
phpの2次元配列の宣言の仕方と使い方

$list[0]["a"]=1;   $list[0]["b"]=2;
$list[1]["a"]=3;   $list[1]["c"]=4;


次は配列にいくつ要素があるかを調べる方法を書く予定です。

スポンサーリンク

この記事がお役に立てたならシェアしてくれると嬉しいです。


最新記事の更新情報をお届けします。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)