phpの配列の要素数を取得する方法

この記事がお役に立てたならシェアしてくれると嬉しいです。

配列には作成した配列の要素数を調べる機能があります。
それが「count」関数です。

このcount関数を使うとフォームでインプットした情報で配列を作る場合等での
不確定なデータ総数でも対応する事が出来ます。

スポンサーリンク

phpの配列の要素数を取得する方法

例1:

$List[0]=50;
$List[1]="あいう";
$List[2]=22;
print count($List);


この場合、要素は3つなので「3」という数値が表示できます。

このcount関数は連想配列にも有効です。

例2:

$List["October"]="10月";
$List["November"]="11月";
$List["zero"]=0;
$List["tow"]=2;
print count($List);

この場合「4」という数値が表示できます。

count関数は2次元配列の要素数も取得できます。

例3:

$ti["AM"][0]="ごぜん";
$ti["AM"][1]="午前";
$ti["AM"][2]="gozen";
$ti["PM"][0]="ごご";
$ti["PM"][1]="午後";
$ti["PM"][2]="gogo";
$ti["PM"][3]="ゴゴ";
print count($ti)."<br>";
print count($ti["AM"])."<br>";
print count($ti["PM"]);

phpの配列の要素数を取得する方法

count($ti)には”AM”と”PM”の要素が2つあるので2が
count($ti[“AM”])には0,1,2と要素が3つあるので3が
count($ti[“PM”])には0,1,2,3と要素が4つあるので4が表示できます。

といった感じです。

次は条件分岐の処理を予定しています。

スポンサーリンク

この記事がお役に立てたならシェアしてくれると嬉しいです。


最新記事の更新情報をお届けします。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)