phpの変数や配列を破棄するunset関数について

この記事がお役に立てたならシェアしてくれると嬉しいです。

unsetは変数や配列を破棄する関数です。
配列は配列そのものや配列の1要素のみを破棄したりできます。

例えば、フォームからデータを受け取った後、F5キーを何度も押すと同じデータを
何度も受け取るという事が起きてしまう場合があります。
そのため一度目の処理で送信ボタンが押されたと示す変数を破棄する必要があります。
unsetはその変数の破棄をする事ができる関数です。

スポンサーリンク

unset関数の使い方

$a="abc";

unset($a);

if(isset($a))
{
    print "保持されている<br>";
}
else
{
    print "破棄されている<br>";
}

このプログラムは$aに”abc”と初期値を入れています。
unset($a)を実行しなければissetでTRUEが返り「保持されている」と
表示されたはずですがunset($a)を実行している為

phpの変数や配列を破棄するunset関数について

と表示されます。

また

$a=NULL;

でも同じ効果がありますのでお好みで使用ください。

変数と配列については以上です。
次はループ制御文系を説明します。

スポンサーリンク

この記事がお役に立てたならシェアしてくれると嬉しいです。


最新記事の更新情報をお届けします。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)