phpのループ制御文のforeachの使い方

この記事がお役に立てたならシェアしてくれると嬉しいです。

foreach文は配列に対してループ処理を行う命令です。

配列の要素を一つ一つ分解し順番に変数へ受け取らせ
処理を行う事ができます。

スポンサーリンク

ループ制御文のforeachの使い方

■foreach(配列 as 配列の1要素の値を受け取る変数または配列) { }

配列の要素を受け取り続け、要素の全てを受け取るまでループします。

<?php

$List[0]="ABC";
$List[1]="DEF";
$List[2]="GHI";

foreach($List as $data)
{
	print $data;
	print "<br>";
}
print "終了しました。<br>";
?>

実行するとこうなります。
phpのループ制御文のforeachの使い方

ちなみに、この場合は配列のインデックスが数値である為、count関数を使い配列の総要素数を取得すれば
for文やwhile文でも可能ですが、連想配列ではキーを指定しなくては駄目で
その為の配列を用意する必要があります。
foreachではキーを指定しなくても値を取得出来る為、そういった配列を用意する必要がないというメリットがあります。

<?php
$List["い"]=”ABC”;
$List["ろ"]=”DEF”;
$List["は"]=”GHI”;

foreach($List as $plm)
{
	print $plm;
}
print “終了しました。<br>”;
?>


と連想配列でも同じ結果にできます。
phpのループ制御文のforeachの使い方
ちなみにforeachもfor文やwhile文と同じくbreak文とcontinue文が使えます。

ループ制御文は以上です。

次はいよいよhtmlフォームを構築します。

スポンサーリンク

この記事がお役に立てたならシェアしてくれると嬉しいです。


最新記事の更新情報をお届けします。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)