Office365を解約・退会する方法

この記事がお役に立てたならシェアしてくれると嬉しいです。


マイクロソフトの表計算ソフト「Office」
そのOfficeのクラウド型の物が「Office 365」です。

このOffice 365は月額または年額式で利用料金を支払いする物なのですが、これには無料期間というものがあり、利用開始してから1ヶ月間無料でお試しする事ができるようになっています。

せっかく無料期間があるのですから、このOffice 365を試してみましたが、自分が個人で使う分にはOpenOfficeでも充分かも…。
というわけで無料期間中に解約・退会してみました。

今回は、その時にOffice 365を解約・退会した方法をメモしておきます。

スポンサーリンク

Office 365の購入を解約・退会する方法

まず、MicroSoftのサイトへ行きサインインします。
URLはhttps://www.microsoft.com/ja-jp/です。



アクセスしたら画面右上の「サインイン」と書かれた部分を左クリックします。



これでサインイン画面になるのでOffice365をダウンロードしたMicroSoftのアカウントでサインインします。



サインインしたら、またこの画面に戻ってきますが、右上の「サインイン」と書かれた部分はアイコンに変更されています。



このアイコンを左クリックするとメニューが展開されるので、その中の「Microsoft アカウントを表示する」という項目を選択します。



すると購入履歴などのアカウント情報が見られる画面に移ります。

この画面の上部メニューの「サービスとサブスクリプション」を右クリックします。



サービスとサブスクリプション画面に移りますので、「Office 365」の項目の「管理」と書かれたリンクを右クリックします。



「Office 365」の支払い方法などの細かい設定が表示されますので「キャンセル」を右クリックします。



Office 365 Solo トライアル サブスクリプションにアクセスできなる旨を警告するアラートが出ます。



ここで「取り消しの確認」を右クリックすれば取り消しが開始されます。
この処理は数秒程度で終わります。



取り消しが完了すれば、このアラートがでます。

「サブスクリプションに戻る」を右クリックすれば「Office 365」の支払い方法などの細かい設定の画面に戻ります。



「自動更新オフ」となっていればOffice 365の購入のキャンセル、つまり解約・退会が成功です。

ちなみに、期間内にこの状態から「自動更新をオンにする」を右クリックすれば契約・入会のキャンセルのキャンセル、つまりもう一度契約・入会する事も可能です。

スポンサーリンク

この記事がお役に立てたならシェアしてくれると嬉しいです。


最新記事の更新情報をお届けします。
関連コンテンツ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)