phpでcsvファイルのデータを取得する方法

この記事がお役に立てたならシェアしてくれると嬉しいです。

前回csv形式でファイルを保存しましたが
phpには、そのcsvファイルのデータ形式で保存した
ファイルを開く関数があるので楽に開けます。

スポンサーリンク

csvファイルを読み込む方法

■fgetcsv(ファイルハンドル,一度にロードするバイトサイズ)

返り値は一行分のデータを配列として返します。
ダブルクォーテーション(“)やカンマ(,)を自動で変換してくれます。
test.csvの内部が以下であった場合

“ABC”,”DEF”,”GHI”,”GHI”
“1”,”2″,”3″,”4″
“あいう”,”か,きく”,”さ,し,す”,”た,ち,つ”

<?php
$file=@fopen("test.csv","r");
if(!$file)
{
}
else
{
$i=0;
while($data=fgetcsv($file,1024))
{
$List[$i]=$data;
$i++;
}
fclose($file);

print "<table border=1>";
for($i=0;$i<count($List);$i++)
{
print "<tr>";
for($j=0;$j<count($List[$i]);$j++)
{
print "<td>";
print $List[$i][$j];
print "</td>";
}
print "</tr>";
}
print "</table>";
}</pre>
?>


実行すると

phpでcsvファイルのデータを取得する方法

となります。
次回はいよいよ、フォームで簡単チャットを作ってみます。

スポンサーリンク

この記事がお役に立てたならシェアしてくれると嬉しいです。


最新記事の更新情報をお届けします。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)