Windows10で自動スリープを止める方法

Windows10では一定時間動かしていないと省電力の為にスリープする機能があります。
しかし、希にメモリを大量に使う画像処理系のアプリケーション等を起動した状態でスリープすると、そのアプリケーションだけ復帰できないといった事があります。

そこでWindows10で自動スリープしないようにする方法を記しておきます。

コントロールパネルから電源オプション

スリープの設定はコントロールパネルから変更します。

コントロールパネルの開き方はWindows10でコントロールパネルを起動させる方法です。




コントロールパネルを開いたら「電源オプション」を左クリックします。

これで電源オプションが起動します。

電源オプション


電源オプションの「コンピューターがスリープ状態になる時間を変更」を左クリックします。




「プラン設定の編集」になります。
コンピューターをスリープ状態にするの所のコンボボックスを「適用しない」に設定して「変更の保存」をクリックします。

これでWindows10で自動スリープが起こらなくなります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ
スポンサーリンク