Windows10からXboxをアンインストールする方法

Windows10にはデフォルトで「Xbox」が入っています。
PCでXboxのゲームをしない方には不要ですし、PCのスペック的に利用出来ない場合でも存在しています。

そういった要らない物は削除してしまいたいものですが、このXbox、コントロールパネルなどからアンインストールしようとしても項目に表示されません。

しかし、消せないわけではありません。

今回は、ちょっと手間がかかる「Xboxをアンインストールする方法」を記しておきます。

Windows10からXboxをアンインストールする方法

XboxはWindows PowerShellから削除する事が出来ます。

Windows PowerShellを起動

まずはWindows PowerShellを起動します。

Windws PowerShellの起動する方法

1つ目のWindws PowerShellの起動方法は

タスクバーの右にあるWindowsマークのボタンを右クリックして出したメニューの中から「Windows PowerShell」を左クリックです。

2つ目のWindows PowerShellの起動方法は
タスクバーのルーペのアイコン「」を左クリックします。



そして現れた「Windowsを検索」に「PowerShell」と入力すると起動します。


3つ目のWindows PowerShellの起動方法は

タスクバーの右にあるWindowsマークのボタンを左クリックして出したWindowsメニューの中から「Windows PowerShell」のフォルダを開き、その中の「Windows PowerShell」を左クリックです。

Windws PowerShellにXboxを消すコマンドを入力

このコマンドはXboxが起動していると無効なのでまずXboxを終了した状態にしておきます。
そしてWindows PowerShellに

get-appxpackage *Microsoft.XboxApp* | remove-appxpackage

これを入力しエンターキーを押します。



これでアンインストールが開始されます。
暫く待てば削除完了です。
Windowsメニューからも消えます。

Xboxがアンインストールされたか確認する方法
Xboxを再インストールする方法


Microsoft StoreからXboxを検索して「入手」というボタンになっていれば成功です。
Xboxを再インストールする場合は、この「入手」というボタンを押します。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク