iPhoneのバッテリー劣化による性能低下処置とバッテリーの劣化具合を調べる方法

iPhoneはバッテリー劣化具合によって性能を抑える処置を行っていたそうです。

このバッテリーの劣化というのは充分に電気を貯める事が出来なくなっていく現象の事で、iPhoneのリチウムイオン電池のバッテリーは使用していると、どうしても劣化してしまう物です。

iPhoneの性能を落とす処置は、このバッテリー劣化による「不意のシャットダウンを防ぐための処置」との事です。

そうなると現在どの位バッテリーが劣化しているかがスペック通りの挙動をしてもらうのに重要な要素となるわけです。

現在どの位バッテリーが劣化しているかが気になる所。

そこでiPhoneのバッテリーが劣化具合を調べるアプリです。

バッテリー・ライフ (Battery Life)
デベロッパ:RBT Digital LLC

このアプリは現在のバッテリーの劣化具合をパーセンテージで教えてくれます。
50%以下では随分と劣化している、といえるようです。

まとめ

もしも、バッテリーの劣化が激しいようなら、バッテリー交換する以外回復する方法は無いので、新しいiPhoneへ買い換えも良いですが、バッテリー交換をして貰うのも手です。

購入時の契約にもよりますが無料で行ってくれるケースもあるようですので、もしもの時は確認してみると良いでしょう。

また、バッテリーは過充電や過放電で激しく劣化するようなので、そういった事をしないように注意して、そもそも劣化しにくくしておくのも大事かもしれません。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク