Windows10で強制的にタスクを終了する方法

この記事がお役に立てたならシェアしてくれると嬉しいです。

起動しているアプリケーションがフリーズした場合に終了させる方法としてタスクマネージャで強制終了という方法があります。
しかし、たまにタスクマネージャに表示されないものもあり、そういったものは終了できません。

そんな時にコマンドプロンプトで「TASKKILL」というコマンドを使う事で強制終了させる方法があります。

スポンサーリンク

Windows10で強制的にタスクを終了する方法

利用するには、まずコマンドプロンプトを起動します。


起動方法は画面左下にあるwindowsマークを右クリックしてメニューを出します。
そのメニューの中から「コマンドプロンプト」を左クリックします。


これでコマンドプロンプトの起動となります。

次に

TASKKILL /F /IM chrome.exe

コマンドプロンプトにこれを入力します。
これで起動していたChromeが全て閉じられます。

このchrome.exeの部分にfirefox.exeやSkype.exe等の目的のアプリケーションファイルを指定する事もできます。

TASKKILL のパラメータ
/F アプリケーションの終了
/IM 終了させるアプリケーションの名前

他にもありますが主要な物は以上です。

まとめ

TASKKILLは便利な命令です。
終了したはずのアプリケーションが終了しておらず、再度起動しようとした場合に起動できない、タスクマネージャにも表示されない、なんて時にも利用する以外にも、起動しているアプリケーションを一気に全て終了する事にも使えます。

スポンサーリンク

この記事がお役に立てたならシェアしてくれると嬉しいです。


最新記事の更新情報をお届けします。
関連コンテンツ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)