Pythonの配列と書き方


Pythonの変数は動的型付けというphpと同じく自動で割り振られるタイプです。
ただし配列の宣言は予め宣言しておかなければなりません。

今回はPythonでの配列の宣言の仕方を記しておきます。

配列

配列の宣言

ary=[]

これでaryが配列になります。
ただし、中身が無いのでインデックス指定して参照する事がないです。

ary=[]
print(ary)

これで配列の要素全てを表示する事ができます。
宣言したばかりでは「[]」が表示されるだけです。

値を配列の最後に追加する append

ary=[]
ary.append(5)
ary.append("aaa")
print(ary[1])
print(ary)

appendで配列に数値、文字を追加する事ができます。
これでインデックスから参照もできるようになりprint(ary[1])でaaaと表示されます。
またprint(ary)では「[5,’aaa’]」と表示されます。

値を配列の途中に追加する insert

ary=[]
ary.append(5)
ary.append("aaa")
ary.insert(1,"bbb")
print(ary)

insertで配列に数値、文字を指定した場所に追加する事ができます。
insertの第1引数に追加する場所を示すインデックス番号、第2引数が追加する文字・数値です。
この場合、print(ary)で[5, ‘bbb’, ‘aaa’]と表示されます。

値を配列から指定したインデックスの要素を削除する pop

ary=[]
ary.append(5)
ary.append("aaa")
ary.pop(1)
print(ary)

popで指定した配列の要素を削除する事ができます。
popの第1引数に削除する要素を示すインデックス番号を入れます。
この場合、print(ary)で[5]と表示されます。

値を配列の要素を削除する remove

ary=[]
ary.append(5)
ary.append("aaa")
ary.append(6.5)
ary.append("aaa")
ary.remove("aaa")
print(ary)

removeで指定した配列の要素を削除する事ができます。
この命令1回で先頭から最初の要素1個のみを削除されます。
removeの第1引数に削除する要素を示す内容を入れます。
この場合、print(ary)で[5, 6.5, ‘aaa’]と表示されます。

初期値を持たせた配列の宣言

ary=[5,9,"aaa",-1.5]
print(ary)

「,」で区切れば数値、文字のどちらも入れる事ができます。
print(ary)では「[5,9,’aaa’,-1.5]」と表示されます。

二次元配列の宣言

ary=[[0 for p in range(5)] for q in range(2)]
print(ary)

forループで0からrangeのインデックスを持った二次元配列を作成します。
この場合では[[0, 0, 0, 0, 0], [0, 0, 0, 0, 0]]の配列の作成です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ
スポンサーリンク