PythonでChromeを操作する方法1

Pythonではグーグルのブラウザ「Chrome」をWebスクレイピングという入力や操作する事ができます。
ただし、サードパーティ製の「selenium」というモジュールを使用する必要があります。

seleniumのインストール方法

pip

まずはpipでseleniumをパッケージのインストールをします。

pipでインストールする方法はpipでPythonのパッケージをインストールする方法を参考にしてください。

インストールするパッケージ名はseleniumです。

pip install selenium

これでインストールが可能となっています。

chromeドライバ

chromeドライバという物も入れる必要があります。

取得するにはhttps://sites.google.com/a/chromium.org/chromedriver/downloadsにアクセスします。


Latest Release: ChromeDriver 2.32
のChromeDriver 2.32を左クリックします。


この中にOSによって使えるchromeドライバのリストが表示されます。
windows10の場合は32bit版でも64bit版でもchromedriver_win32.zipを選びダウンロードします。

そして、このzipファイルを解凍させた中に入っている「chromedriver.exe」を実行する.pyファイルがあるフォルダに入れます。

また.pyファイルのフォルダ毎に用意するのが手間であるならPython36をインストールしている場所にコピーしても大丈夫です。
例えばデフォルトでインストールした場合にはC:\Users\ユーザー名\AppData\Local\Programs\Python\Python36等にコピーしても動きます。

これで準備完了です。

seleniumを使ったchromeを開く方法、閉じる方法

#seleniumのwebdriverをインポート
from selenium import webdriver

#chromeを開く
chro = webdriver.Chrome()

#urlを指定する
chro.get("https://toolmania.info/")

#chrome閉じる
chro.quit()

from selenium import webdriver
まずseleniumのwebdriver機能のみをインポートします。

webdriverオブジェクトを取得する方法

chro = webdriver.Chrome()

webdriverオブジェクトを受け取る変数 = webdriver.Chrome()

chromeをコントロールするwebdriverオブジェクトを受け取ります。

この時chromedriver.exeが起動して このウインドウが表示されます。

ブラウザを開く方法

chro.get("https://toolmania.info/")

webdriverオブジェクト.get(開くサイトのURLを入れた文字列)
文字列のURLのサイトを開きます。
ロードが終わるまで次のステップに映りません。

chromeを閉じる

chro.quit()

webdriverオブジェクト.quit()
chromeを閉じます。

まとめ

今回はChromeを開いて閉じるまででしたが、次回はPythonでChromeを操作する方法2でフォームに対する操作について記します。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ
スポンサーリンク