XAMMP実行の仕方

この記事がお役に立てたならシェアしてくれると嬉しいです。

XAMMPはPHP等のWebプログラミングを実行する環境を作れます。

実際にはPCの特定のフォルダ以下をwebサイトとした感じになります。
webブラウザから開くと、そのフォルダ内のファイルを実行する事ができるようになります。

実際に動作させるには手順があります。

スポンサーリンク

XAMMPを実行するには…

xampp5
XAMPPはインストールすると以下の画像のような構成になりますが、この中のXAMPP Control Panelを実行します。

XAMPP Control Panelを実行すると、このようなコントロールパネルが表示されます。
xampp4

このApache項目の「Start」ボタンを押します。
※この時Skypeを使用しているとエラーメッセージが表示されStartできない場合があります。
そういった状況を回復するには→こちら

この状態で、webブラウザから「http://localhost/index.html」を開きます。
すると
xampp6
のようにXAMMPをインストールしたフォルダ内の「htdocs」フォルダ(例えばc:\xampp\htdocs)の「index.html」をローカルから実行します。

これで「htdocs」にテストが必要なファイルを入れてPHP等のCGIがテスト出来ます。

スポンサーリンク

この記事がお役に立てたならシェアしてくれると嬉しいです。


最新記事の更新情報をお届けします。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)