Google スプレッドシートにExcelのファイルを持っていく方法

Google スプレッドシートはGoogleが無償で提供している表計算ソフトです。

完全に互換性があるわけでは無いのですがExcelの専用ファイルの.xlsx等も開けるようになっています。

ただ、Excelと違ってGoogle スプレッドシートはインターネット上にファイルがある必要があります。

そこでPCにあるExcelのファイルをGoogle スプレッドシートに持っていく方法をいくつか記してます。

Google スプレッドシートからアプロードする方法

Google スプレッドシートからアプロードして開く方法です。


まずGoogle スプレッドシートを開き、「新しいスプレッドシートを作成」の中から「空白」のボタンをクリックします。


無題のスプレッドシートが作られるのでメニューから「ファイル」を左クリックして展開させ、その中の「開く」を左クリックします。

すると「ファイルを開く」というダイアログが表示されるので「アップロード」を左クリックします。
「ここにファイルをドラッグ」と書かれた部分にExcelファイルをPCからドラッグするか、「パソコンからファイルを選択」ボタンを左クリックしてファイル選択のダイアログを表示してExcelファイルを選択します。


アップロードが開始されるので、終わるまで暫く待ちます。


これでExcelファイルをGoogle スプレッドシートへ持って行く事が出来ました。

ファイル自体はGoogleドライブに保存され、編集などして保存し直す場合はGoogleドライブ内のファイルが変更されるようになります。

Googleドライブから読み込む方法

Google スプレッドシートはGoogleドライブにあるファイルを読み込む事が出来ます。


まずGoogleドライブにアクセスします。
※Googleドライブにアクセス方法は Google ドライブの使い方

Googleドライブにアップロードする方法1


アクセスしたら目的のExcelファイルをドラッグ&ドロップします。


これでファイルがGoogleドライブにアップロードされます。

Googleドライブにアップロードする方法2


左上の「新規」ボタンを押すとメニューが展開されるので、その中の「ファイルのアップロード」を選択します。
するとファイル選択のダイアログが現れるので、それを用いてExcelファイルを選択します。


これでExcelファイルがアップロードされます。

Googleスプレッドシートで読み込む方法


アップロードしたExcelファイルを左ダブルクリックします。


詳細表示になるので上に書かれた「Googleスプレッドシート」を左クリックします。


これでGoogleスプレッドシートで開かれます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク