Pythonの条件分岐処理と書き方

Pythonでも、条件分岐処理ができます。
if文による分岐やエラー発生時に分岐させる事なども可能です。

今回はPythonでの分岐処理の仕方を記しておきます。

if文

if

x=0
if x<0:
    print("0以下")
elif x==0:
    print("0")
elif x<3:
    print("3以下")
else:
    print("それ以外")

if文は比較演算しその結果によって処理が分岐させるものです。

Pythonでのif文は
if 比較演算 :
elif 比較演算 :
else 比較演算 :
です。

ifで比較演算の結果を満たせば、その直下にある文を実行します。
elifではifの条件に満たない場合にさらに比較演算で判定します。
またelifは複数追加する事ができます。
elseはifやelifの後に付ける物でifやelifの条件に一致しない場合に実行するものです。
elseとelifは省略が可能です。

ちなみにPythonのネスティングは{と}で囲むという物ではなく半角スペース4個「    」を文の先頭に入れます。

エラートラップ

x=10
y="aaa"
try:
    ans="moji"
    ans = x + y
    print("計算成功 ans=",ans)
except:
    print("エラー ans=",ans)
finally:
    print("計算完了")

エラートラップは処理中にエラーが出た時に失敗処理にジャンプする分岐です。

Pythonでのエラートラップは
try:
except:
finally:
です。
try:でエラートラップを開始を宣言します。
except:でエラーが発生した時に行う処理を書きます。
finally:で成功した時でもエラーを起した時でも行う処理を書きます。
このfinally:は省略が可能となっています。

try:で開始し、except:からエラー発生時に実行する処理となり、finally:で成功した場合に実行する処理となっています。

このサンプルでは数字と文字を結合し、エラーを起しexcept:の処理を実行するというものです。
この時エラーを起す前にansにいれた「moji」という文字を表示させます。

xの値を文字にすればxの文字とyの文字が結合したものが「計算成功 ans=」の後に表示されます。

x=10
y="aaa"
try:
    ans = x + y
except:
    pass

また、例外処理で何もしない場合はexcept:の後にpassと書きます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ
スポンサーリンク