暴走させないように注意する

この記事がお役に立てたならシェアしてくれると嬉しいです。

レンタルサーバーでは高負荷のCGIが禁止されている事が多くあります。
特に共用サーバーでは他の人と同じサーバーを使用するのですから
一人で能力を占領してしまう事に厳しいのです。

そんな事情のある共用サーバーですが高負荷でなければPHP等CGIの使用が許可されているサーバー・プランも数多くあります。
しかし実際のどのくらいの負荷までなら良いのかを示す数字を提示するサーバー会社も少ないので
できるだけサーバーに負荷をかけないよう気を付けるべきです。

特に設置したCGIが暴走しないように注意しなければなりせん。
暴走するとその分サーバーに負荷がかかりますので、テスト環境で充分に試してからサーバーへアップします。


スポンサーリンク

CGIのデバックする方法

では、どうCGIのデバックするかというと
テスト用のソフトを使います。

テスト用のソフトは

「XAMPP」
「VMware Player」

等があります。

この2つのソフトはPCに仮想サーバーを立ち上げます。
どちらも、その中でCGIをデバック/実行する事ができますが
使い方や機能に違いがあります。

以降、この2つのソフトの使い方の説明をします。

「XAMPP」の説明
「VMware Player」の説明

スポンサーリンク

この記事がお役に立てたならシェアしてくれると嬉しいです。


最新記事の更新情報をお届けします。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)