dlvr.itにツイートさせる方法の詳細設定

この記事がお役に立てたならシェアしてくれると嬉しいです。

dlvr.itではWebサイトのRSSに合わせてツイートやフェイスブックの投稿ができます。こういった事はIFTTTでも1アカウントに対してのみなら可能なのですが、dlvr.itでは複数のアカウントに対して可能で、さらにより細かい設定をする事ができます。

例えば、どんな事が変更できるかと言うと、デフォルトでは画像有りのツイートになっていますが、これを画像無しのツイートにするのであれば「Advanced」の「Post images from items」のスイッチをOFFにする事により可能だったりします。

スポンサーリンク

作成済みの設定変更

dlvr.it006
作成した後からもdlvr.itはある程度のFeed設定の変更が可能です。
まず、dlvr.itにサインインします。
サインインの仕方はこちら

設定変更する物を選択

dlvr.it200
最初に作成したFeed設定を選択します。
Feedが表示されていない場合は赤で囲った部分を左クリックします。


dlvr.it201
するとFeedのリストが展開されるので、これを左クリックします。

これで設定変更するFeedを選べました。


dlvr.it202
「Settings」を選択します。

これでFeed設定の変更が可能になります。
Feed設定変更項目はタブにより分けられており、それぞれ「Detail」「Updates」「ItemText」「Filters」「Location」「Advanced」となっています。



「Detail」

dlvr.it203

Feed URL

反応するべきRSSのURLで、これは変更出来ません。
変更するなら一度このFeed設定を削除し作り直す必要があります。

Feed Name

Feed設定の名前を変更します。
投稿には反映されませんので管理用に利用できます。

Feed Active

このRSSを利用してのツイートを有効/無効を切り替える事が出来ます。
デフォルトはONです。

「Updates」

dlvr.it204

Update Frequency

RSSの更新があったかを確認するタイミングを設定します。
デフォルトでは30分間隔で判定していますが、他に1時間・3時間・6時間・12時間・1日が設定出来ます。

Max posts per update

一度に投稿する最大数を指定します。デフォルトでは10です。
WordPressの記事公開が一度に複数記事あっても1記事ずつ30分毎にツイートさせる等の設定が可能です。

Max posts per day

一日にツイート出来る限界数を指定市します。
WordPressの記事公開が一度に複数記事あってもツイートさせるのは1日1記事のみにする等の設定が可能です。

Trickle

ストックしてある記事をツイートする順番を指定します。

「Trickle Off」最新記事から「Max posts per day」の限界を超えた物は無視し、古い順にツイートします。

Post Newest Items First 最も新しい物からツイートします。
Post Oldest Items First 最も古い物からツイートします。
Randomize Item Order ランダムにツイートします。
「Subscribe to PuSH Updates」

プッシュアップデートをするかのスイッチです。
デフォルトはONです。

「Item Text」

dlvr.it205
ツイートする文章に対する加工を設定します。

Prefix

先頭に追加する文です。

Suffix

最後に追加する文です。

Find and Replace / Remove

ツイートする文章を置換や削除する設定をします。

Add Rule

dlvr.it206
このボタンを押すと設定メニューが展開します。

先頭のコンボボックスに置き換えの「Replace」と、削除の「Remove」の切り替えが出来ます。
「Replace」なら探すワードの「Search for text」と、置き換わるワードの「Replace with text」が設定できますが、「Remove」なら探すワードのみになります。
検索オプションとして大文字と小文字を区別しないフラグの「case insensitive」と、文章中のどこでもサーチさせる「match anywhere」と、探す所にタイトルを含める「search title」と、内容を含める「search body」のチェック項目があります。
また、×ボタンを押すと「Find and Replace / Remove」の設定を削除します。

「Filters」

dlvr.it207
フィルタリングする項目を設定します。
単語で入力するのですが、その単語は「,」で区切って入力します。

Choose what dlvr.it uses for filtering

タイトルを含める「Title」、本文を含める「Content」、カテゴリを含める「Category」、筆者を含める「Author」を選べます。

Filter behavior

単語全体で判定する「Match Whole words」と、一部でも一致で判定する「Match sequence anywhere」が選べます。

Posted items must contain all the terms

この全ての語句が含まれているとポスト

Posted items must contain any of the terms

この語句にどれかが含まれているとポスト

Ignore items that contain any of the terms

この語句のどれかを含むとポストしない

「Location」

dlvr.it208
位置の情報を追加したツイートをさせるフラグです。

Use Location

位置の情報のON/OFFを切り替えるスイッチです。
デフォルトはOFFです。

「Advanced」

dlvr.it209
高度な設定をします。

Body Posting Options

ツイートする本文の設定です。

Prefer Summary Content 本文の先頭から前半までツイートします。ただしツイート可能文字数までです。
Use Summary Content サイト名+タイトルをツイートします。
Use Full Content 本文の先頭からツイート可能文字数までツイートします。これがデフォルトです。

Republish items with updated timestamps

記事の更新時間が更新されるとツイート候補にするかのスイッチです。
デフォルトはOFFです。

Post images from items

画像付きでツイートするかのスイッチです。
デフォルトはONです。

Pass Feedburner links to your link shortening service

FeedburnerのURL短縮サービスを利用しツイートするURLを短くするスイッチです。
デフォルトはOFFです。

Ignore feed items with no title

タイトルの無い記事はツイートしないようにするスイッチです。
デフォルトはOFFです。

Do not sort feed by item timestamps

ツイートする記事の順番を更新時間順にしないようにするスイッチ。
デフォルトではOFFです。

Save と cancel

これらの設定が終わったらSaveボタンを左クリックで、この設定を保存しFeed選択前の画面に戻ります。もしcancelボタンを押すと設定変更を反映せずにFeed選択前の画面に戻ります。

スポンサーリンク

この記事がお役に立てたならシェアしてくれると嬉しいです。


最新記事の更新情報をお届けします。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)